モンゴルリーグ第3節

5月12日(土曜)に開催されたゲームについて振り返ります。

相手はAnduudcity

日本人選手は冨澤選手と櫻井選手が所属しており、監督も東山さん(昨年はウランバートルシティ)

残念ながら今回も日高はベンチスタートでした。

前半に先制点を取るも

後半GKのミスで失点

コーナーキックからマークを外し失点

1ー2で今シーズン初の敗戦です。

試合後のロッカールームの雰囲気も最悪で

「お前ら練習し過ぎなんだよ。前日に外で歩くな!」

と怒られちゃいました。。。

週2、3回の練習なのでチームメートで試合だけ来るような選手もいたり。。。

まぁね。

外国人選手だから結果しか求められない。

今日の試合負けたけど次は勝とうね!

負けたけど得るものあったよね!

とかはプロの世界には存在しない。

マジで連敗したらクビになる可能性も大いにある。

絶対勝たないとね。。。

唐揚げモリモリ食べて頑張ろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タイの田舎でプロサッカー選手のキャリアをスタートさせ、現在はモンゴルリーグでプレー中。 ポジションはGK 選手活動を続ける中でライターとしても活動している。