信頼出来るコーディネーターを選べ!!だけど、責任は自分にもある。

僕のように、日本でプロキャリアが無い選手が海外でテストを受ける場合には、主に2つの方法があると思う。

 

1つ目は、飛び込みで現地に行く

 

今回の僕のように、あらかじめ日本で情報収集をした後に、取り敢えず現地に来る。

 

そして現地にて、自らの足でチーム探しをする。

 

メリット

自由が利く

生きて行く為の能力が身につく

デメリット

労力が半端じゃない

テストさえ受けれるか分からない

そして、2つ目

コーディネーターを付けて現地へトライアルに行く。

 

しかし、ここに大きな落とし穴がある

 

実際に多くの選手から話を聞いて思った事が

 

コーディネーターと選手のヒアリングが全く出来ていないのに、大金を支払いトライアルに来ているという事

 

もちろん選手もあらかじめ、日本で情報収集を行わなければならない。

 

VISA、その国の政治や歴史、治安、リーグレベル等

 

最低限の事は、自分で調べて置かないと必ず苦労する。

 

今の時代、SNSで直接 選手とコンタクトを取る事も比較的、簡単に出来ると思うし

 

インターネットで調べればセレクションの情報や、トライアウトにかかる費用は適切なのか自分で検討できると思う。

 

 

コーディネーターが提示して来た金額は、果たして正しいのか??

 

サインした時点で、選手側も合意したという事になり、責任は全て自分にかかる。

 

時間には、限りがあるし

 

海外でプロサッカー選手になる為に頑張って貯めたお金を無駄にして欲しくない。

 

自分の為にも、しっかりとした準備の元で海外に挑戦して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タイの田舎でプロサッカー選手のキャリアをスタートさせた。 ポジションはGK 選手活動を続ける中でライターとしても活動中