ベンチキャプテンがサッカー選手になった話

奥ノ徹也

2013年に世界プロサッカーチャレンジにおけるセレクションに合格する

念願だった【プロサッカー選手】になる事が出来た

『ぼくは雑草なんです。雑草代表として夢を与えれることが出来ればなと思います。』

スポンサーリンク




今回はインタビュー編です!

 

全国ベスト8位になった俺は天狗だった

彼自身は小学生の時に市の選抜に選ばれるほど名の知れた選手でチームも全国大会へ出場し9位という成績を残し彼はチームの中心選手だった。

そしてフットサルの大会に出場しても全国ベスト8と輝かしい成績を彼は残した。

当時のチームメートは日本代表に選出されたりガンバ大阪のユースチームでプレーしたという。

テツ自身も地元の選抜に選ばれたり、ガンバ大阪のジュニアユースの練習会にも特別に招待されるなど将来はJリーグでプレーする事を周りの大人は疑わなかったという。

まさに当時の彼は天狗だった

そして地元のクラブチームから熱烈なオファーをもらい地元の強豪クラブチームに入団した。

しかしこの選択が運命を変える事となった。

小学生の頃からサッカーに全てを注いでいたテツだったが入団して早々にサッカーに対する熱を失ってしまった。

今まで遊びの時間もサッカーに注いできたテツだが遊びを覚えてしまった。

練習をサボり地元の友達とコンビニに溜まって遊んだり、練習に行きたくないからという理由で塾にも通うようになりサッカーから少し距離を取ることになってしまった。

そして気づけば一つ下の学年にもレギュラーを奪われることになりベンチにいるのが当たり前になった。

そんな彼についた当時のあだ名が

ベンチキャプテン

しかし高校入学と同時に彼はサッカー熱を再び取り戻しもう一度サッカー選手を目指すことになった。

 

スポンサーリンク




 

 

ベンチキャプテンがキャプテンになった

高校はやんちゃで有名なところにテツ自身もサッカーを続けるつもりはなかったというが友達に誘われてサッカー部に入り人生で初めて部活のサッカーを経験したという。

小中とクラブチームに所属していた彼にとって部活は新鮮で楽しく気づけばサッカーの虜になり朝から晩までボールを追いかけサッカーへの情熱を再び取り戻すことになったという。

そして、中学時代にベンチキャプテンと呼ばれサッカーから離れていた男が高校二年生になるとキャプテンを任せれる程になった。

もう彼に迷いはなかった

俺プロサッカー選手になる

そしてインターネットでセレクション情報を調べまくりラトビアのチームが日本でセレクションを行うという記事を見つけすぐに応募した。

家庭の事情もありテツは大学へ進学することが出来ず結果が不合格であれば夢を諦めて調理の道へ進むことが決まっており

『一か八かだけどこれに賭けるしかない』強い信念でセレクションに望んだという。

実際のセレクションには元Jリーガーや強豪大学出身者などのツワモノが足を運んでおり全員が年上で体格の違いから自分の思ったプレーが出来ずに不合格だと思っていた。

しかし

夢を諦めたくない

強い思いでがむしゃらにボールを追いかけた。

30人ほどの中で合格者は3名

そしてジェネラルマネージャーから片言の日本語で合格者が発表された。

『テツヤオクノ』

合格

(当時の記事より)

中学時代にベンチキャプテンといわれたテツはラトビアという国でプロキャリアをスタートさせることになったのだ。

次なる国はオーストラリア

テツの次なる挑戦はオーストラリアでのプレーだ。

そのために来年の一月にオーストラリアに渡りチーム探しを始める予定だという。

『旅をするようにサッカーすることが僕の人生のテーマで全大陸でプレーしたいと思う。』

彼にもう迷いはない。

夢を追い続ければ絶対に叶うという事を僕の挑戦で証明していきたいと思います。

奥ノ徹也オフィシャルホームページ

奥ノ哲也Twitter

 

 

 

 

スポンサーリンク




ついでに僕のTwitterもフォローしてね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タイの田舎でプロサッカー選手のキャリアをスタートさせた。 ポジションはGK 選手活動を続ける中でライターとしても活動中